市田柿日誌 | 南信州・市田柿

飯田市「市田柿ブランド推進プロジェクト」
文字サイズ小中大 大 中 小

南信州・市田柿
市田柿日誌


【材料】
・市田柿…3〜4個
・大根(または聖護院カブ)…2分の1本
・ゆず(皮の部分)…適切
・甘酢(Aコープ漬物酢)…適切

【作り方】
1.大根は薄い輪切りにして甘酢に漬けておく。
2.干し柿を縦に細くさき、ゆずの皮は薄切りにする。
3.味のしみた大根で、干し柿とゆずの皮を巻く。

【材料】
・市田柿…300g
・味噌…150g
・ゆず(皮の部分)…1個分
・くるみ…50g
・米粉(上新粉)…250g
・砂糖…150g

【作り方】
1.柿はヘタと種を取り細かく刻む。ゆず、くるみはみじん切りにする。
2.1.と味噌、米粉、砂糖を合わせ、お湯少々を加えながら混ぜ合わせる。
3.2.を直径3〜4センチくらいの棒状に形を整え、アルミ箔で包んで蒸し器で20〜30分程蒸す。
4.中まで火がとおったら蒸し器から出して冷まし、薄い輪切りにして食す。


【材料(4人分)】
(丼用ご飯)
・米…2合
・ホタテ貝柱…2〜3個
・酒…30cc
・しょう油…35cc
・昆布…適量

(干し柿下味)
・干し柿…2個
・わさび、しょう油…適量

(盛り付け)
・青じそ、かいわれ、もみ海苔…適量

【作り方】
1.洗米に酒とホタテの戻汁を入れ、昆布をのせて、すし飯位の堅さに炊飯する。
2.炊き上がる7〜8分前に、1.にしょう油を加える。
3.干し柿は種を取り除き、縦に細く切りわさびしょう油を加える。
4.炊き上がったご飯を丼に盛り付け、もみ海苔、青じそ、かいわれをのせ3.を盛り付ける。
 


【材料(4人分)】
・干し柿…2個
・大根…7〜8センチ位
・キャベツ…2〜3枚
・レタス…大1枚
・塩、コショウ、レモン又はかぼす…適量

【作り方】
1.干し柿は種を取り除き、縦に切る。
2.大根を長さ3〜4センチの千切りにする。
3.キャベツは千切りにし、レタスを細切りにする。
4.1.〜3.を合わせて塩、コショウをし、レモン汁をかけ軽く混ぜ盛り付ける。
 

【材料(4人分)】
・干し柿…2個
・豚肉薄切り…4枚
・ほうれん草…適量(インゲンでも可)
・塩、コショウ…適量
・小麦粉…少々
(調味料)
・しょう油…大さじ2分の1
・みりん…大さじ2分の1
・サラダ油…少々

【作り方】
1.干し柿は種を取り除き、縦に細く切る。
2.ほうれん草は茹でて、しょう油洗いしておく。
3.豚肉に塩、こしょう、糊代わりの小麦粉を少々まぶし、1.と2.を巻く。
4.油を熱したフライパンに、3.の巻き終わりを下にしてぎっしり並べる。焼き色がついたら上下を返して、フライパンの蓋をして火を通す。
5.返した面にも焼き色がついたら火を強め、調味料を鍋肌から回しいれる。
6.肉巻の中心を斜めに切り、切り口から干し柿とほうれん草が見えるように美しく盛り付ける。

 
柿の皮や熟柿を使ったお漬物は定番ですが、干し柿が主役のお漬物を紹介します。
干し柿から水分が出ないので、使用した味噌は再利用ができて経済的です。



【材料(4人分)】
・干し柿…2個
・味噌…50g
・みりん…適量(味噌が伸びる程度)
・ガーゼ…2枚

【作り方】
1.味噌を適量のみりんで練る。
2.タッパーに1.の味噌を半量入れて、ガーゼを敷く。
3.干し柿の上に、さらにガーゼを敷き1.の味噌の残りを乗せる。
4.一晩置き、漬けあがり。
干し柿が洋食に?!干し柿の甘さをいかし、シンプルなトッピングでいただきます。餃子の皮を使い、手軽で楽しいレシピです。

【材料(4人分)】
・干し柿…2個
・ベーコン…適量
・細青ネギ(またはニラ)…適量
・たまねぎ…適量
・餃子の皮…4枚
・ピザ用チーズ…40g
・マヨネーズ…適量
・塩、コショウ…少々

【作り方】
1.干し柿は種を取り、縦に細切りにする。
2.ベーコンと細青ネギは、干し柿の長さに合わせて切る。
3.たまねぎは細く切り、軽く塩、コショウをふる。
4.餃子の皮にマヨネーズを薄く塗り、1.の干し柿と2.3.の野菜を乗せチーズを散らす。
5.熱したフライパンにサラダ油を薄くひき、4.を焼く。フタをして蒸らしチーズを溶かす。
 
フレッシュなクリームチーズとレモンを使用して、あっさりと仕上げました。

【材料(4人分)】
・干し柿…3個
・クリームチーズ…50g
・レモン…少々
【作り方】
1.干し柿は切り落とさないように大きく開く
2.クリームチーズにレモン果汁を加えのばす
3.1.と2.を交互に重ねる
南信州の伝統行事を伝承

1月15日、農業課、農業振興センターでは地域ブランドとして推進している「市田柿」の豊作を祈願して、南信州の伝統行事である小正月の「成り木責め」(柿の木打ち)をおこないました。



小正月は、百姓の正月ともいわれ、当地域でも農作物の豊作を祈る多種多様な行事が行われてきました。「成り木責め」も、戦前までは農家が普通に行ってきた伝統行事でした。生活の多様化とともに忘れ去られようとしている「成り木責め」ですが、伝統行事を見直し伝承することにより「市田柿」のブランド化へつなげていきます。

成り木責めに関する詳しい内容は、
http://ichidagaki.iida-nougyou.com/history/nariki/index.html
 
1月25日、農村女性ネットワーク主催で「干し柿レシピ研究発表会」が開催されました。
農村女性ネットワークの皆さんが考案した「干し柿定食」。干し柿の新しい食べ方と調理方法について発表がありました。
応募した市民の皆さん、市田柿ブランド推進協議会等の関係者など約50名の参加がありました。



発表されたレシピをご紹介します。(飯田市HP外部リンク)
http://www.city.iida.lg.jp/site/ichidagaki/list67-234.html
1.干し柿どんぶり
2.干し柿の豚肉巻
3.干し柿なます
4.干し柿サラダ
5.干し柿入りピザ
6.干し柿の漬物
7.干し柿のミルフィーユ
8.(飛鳥汁)

農村女性ネットワークいいだは、地域農業の振興と農村生活の向上を目的に活動するグループです。
食と農の伝承活動の一環として、これまでに数多くの干し柿料理の実習、試食を積み重ねてきました。
これまでの活動成果として今回の発表会を企画し「干し柿定食」を創作されました。



干し柿の新しい食べ方と、その調理方法を公開し特に規格外干し柿の用途開発、地域における消費の拡大、さらには干し柿の美味しさ(魅力)を発信し、ブランド推進につなげる活動を展開しています。


 
メニュー

新しい日誌

カテゴリ

月別アーカイブ

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

リンク

RSS

携帯アクセス

qrcode
お問い合わせ
〒395-0817 長野県飯田市鼎東鼎281
飯田市農業課 生産振興係

南信州・市田柿
南信州・市田柿
ページの先頭へ
南信州・市田柿