市田柿日誌 | 南信州・市田柿

飯田市「市田柿ブランド推進プロジェクト」
文字サイズ小中大 大 中 小

南信州・市田柿
市田柿日誌

愛知大学の太田ゼミが「市田柿」をマーケティング (その2)

平成24年8月28日、愛知大学「太田ゼミ 市田柿チーム」の2日目は、市田柿の歴史からスタートしました。



「市田柿」発祥の地である南信州・高森町の歴史民俗資料館「時の駅」で市田柿の歴史を学びます。
最初に、「市田柿のふるさと」の本を高森町役場の清水さんから研究用として進呈していただきました。
 



近藤館長さんに市田柿の歴史の詳細をお話いただきました。



続いては、消費者アンケートを実施。

3班に別れて、直売所「りんごの里」、直売所「およりてふぁーむ」、Aコープ店(あいぱん)で聞き取りです。

飯田インター近くにある「りんごの里」は、県外のお客様も多かったのですが、市田柿の認知度が高く、様々な意見が聞けたようです。



最後に、市田柿の商品開発について、戸田屋さんを訪問。



市田柿のアイスやスティック(ドライフルーツ)を試食させていただき、学生さんたちも、とても参考になったようです。

名古屋に戻ってから、若い発想でマーケティングの企画を練ってくれるとのこと。

今から楽しみです。
メニュー

新しい日誌

カテゴリ

月別アーカイブ

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

リンク

RSS

携帯アクセス

qrcode
お問い合わせ
〒395-0817 長野県飯田市鼎東鼎281
飯田市農業課 生産振興係

南信州・市田柿
南信州・市田柿
ページの先頭へ
南信州・市田柿