市田柿日誌 | 南信州・市田柿

飯田市「市田柿ブランド推進プロジェクト」
文字サイズ小中大 大 中 小

南信州・市田柿
市田柿日誌

平成24年7月5日(木)〜7月6日(金)にかけて、南信州地域(飯田市及び下伊那郡)を会場に「第60回 全国ナシ研究大会」が開催されました。


全国ナシ研究大会

全国の33県から約900人が参加し、講演や事例発表、産地視察などが行われました。

長野県大会
[開会式:飯田市長 牧野光朗 あいさつ]

初日の研究大会は、飯田市の飯田文化会館を会場に基調講演や事例発表などが行われ、飯田市の牧野市長も開会式で挨拶を行いました。

会場入口では、南信州でブランド推進を行なっている「市田柿」のPR展示を行いました。

市田柿ディスプレイ
[市田柿ディスプレイ(食品サンプル)]



市田柿パネル
[市田柿のパネル展示]


また、宿泊会場において、市田柿の試食も提供し、全国各地から参加された皆さんに向けて「市田柿」のPRを行いました。



座光寺会場
[飯田市座光寺会場 南水の栽培園地]

2日目は、産地視察として、飯田市や松川町等の梨の園地を見学してもらいました。

南信州は、長野県オリジナル品種の「南水」が誕生した地でもあり、地域内でも二十世紀ナシ等からの転換が進みました。

今回の視察では、「南水」の栽培に関して、重点的に見て頂きました。

全国各地の農家の皆さんが情報交換をしながら、お互いに切磋琢磨し、魅力ある農業へ向かって学び合える研究大会になったのではと思います。



第60回 全国ナシ研究大会 長野県大会 DATA:
開催日 平成24年7月5日(木)〜7月6日(金)

主催 全国果樹研究連合会・第60回全国ナシ研究大会実行委員会

後援 農林水産省・長野県・全農長野県本部
   長野県園芸作物生産振興協議会うまいくだもの推進部会

協賛 JAみなみ信州・JA上伊那・下伊那園芸農業協同組合・飯田市・松川町・中川村・長野県農業共済組合連合会、(株)農協観光長野支店

大会テーマ 
 「魅力あるナシ産業を次世代に」
  〜ファンをつくれるオリジナル品種で産地振興を〜

目的
 全国のナシ生産者が一同に会し、栽培技術や経営改善、流通(加工、消費)等について、産地間の交流を深めるとともに、生産者の士気高揚をはかり、高品質のナシ生産による経営の安定と活力ある産地づくりを目指し、研究大会を開催する。




 
JUGEMテーマ:ドライフルーツ
 
メニュー

新しい日誌

カテゴリ

月別アーカイブ

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

リンク

RSS

携帯アクセス

qrcode
お問い合わせ
〒395-0817 長野県飯田市鼎東鼎281
飯田市農業課 生産振興係

南信州・市田柿
南信州・市田柿
ページの先頭へ
南信州・市田柿